Rats in the ranks

グルーンヴァールドの秘密を発見した!
目には目を。。。

BYF達グルーンヴァールド城を調べた:

  • 医療室で、ドワーフと入信者と話して、何か変な状況があるとおもって、ドワーフの無意識的な言葉でかれのハマーを見つけに行った
  • 医者が怪しそうだったから、医者の部屋を見に行って、睡眠生毒を見つけた。
  • ドワーフの鍛冶場に行って、ハマーがなかったと分かった
  • 入信者の祭殿に行って、隠されたハンマーを見つけた
  • また入信者と話して、怪しい行動が周りに起きているからドワーフが彼女にハマーを隠すのを願ったと習った。
  • アッシャッフェンバーグ様の部屋を調べたときに、召使い2人が来て掃除して始めた。一人のポッケットから紙が落として、「鴨が大丈夫だ」が書いてあった。毒の事に関してのノートと思っていたから、BYF達がキッチンに行った
  • キッチンで、チェフと話して、怪しいことが見つけなかったが、信用ができなかったから、アルソンが隠れてみて残って、他の3人が他のところを調べに行った
  • 図書館で不安な本を見つけた
  • 客室で恐ろしい絵を見つけた
    で、最期に、盗賊は、キッチンを見て、医者がシェッフと話しに来て、シカの肉に毒を入れた。

その感じだ!!!!恐ろしい絵は混沌関係で、図書館で混沌本があって、医者は城の人の半分くらい毒している。。。ここには混沌修道がありそう!

皆が、絵を客室から取って、図書館に行ったが、図書館についたと、係員がいなくなって、床の穴が見えた。。。あの本もなくなった。BYF達がついて行った!それは次回です。。。

View
グルーンヴァールド城での冒険の大意

隊列を乱す者キャンペーンが始まった前の冒険の基本説明です。

BYF達ボーゲンホフェン町の里町にお願いして、なぜ近くにいた ビーストマン がボーゲンホフェン町の周辺から逃げたかをグルーンヴァールド森で調べに行った。調べたと、ビーストマンが北グルーンヴァールド森にあるグルーンヴァールド城で有効的な混沌魔法アイテムがあるから、その変に移動した。ボーゲンホフェン町は安全になったが、グルーンヴァールド城は大ピンチだそうだったから、BYF達がグルーンンヴァールド城に行った。

グルーンヴァールド城に着いたと、城に住む貴族のアッシャッフェンバーグ様がBYF達にお願いした。かれは何か怪しい行動が自分の城の中でされているから、BYF達が調べて欲しかった。

BYF達が調べたとグルーンヴァールド城の秘密を見つけた。召使いの中には、混沌修道があった。この混沌修道のリーダー、クレゴルピールソンさんは瞬かない目という絵の混沌アイテムを持っていて、その絵を使って悪魔を呼び出す目的だった。

BYF達がこの計画を割り込んで、混沌修道の皆さんを殺した。そして、ビーストマン達が城を攻撃して、BYF達もあの攻撃を防いだ。ビーストマン巣を探しに行って、酋長を攻撃ができたが、傷がたまったから見送った。それから、瞬かない目をウーバーズレイクまで持って行こうと決めた。

View

I'm sorry, but we no longer support this web browser. Please upgrade your browser or install Chrome or Firefox to enjoy the full functionality of this site.